2007年11月11日 (日)

いつかは来ない(5)

『ごろつき』東映1968
高倉健と菅原文太という2ショットがめずらしい。二人の役は不景気風の吹く筑豊の炭鉱からひと旗あげようと東京に出てくる若者。腕っ節自慢の健さんはキック・ボクシングジムの門をたたく。筑豊から東京に行ってキックでひと旗というのが時代だなあとおもったんだけど、西成の片隅からボクシングでひと旗あげようと東京に出てきた親子もいるくらいだから今でも通用するテーマなのかな。『東京タワー』だってその要素はあるわけだしな。

金のない健さんがバイトで流しをやるんだけど、そこで歌うのが『網走番外地』に『唐獅子牡丹』、キックボクサーなのになぜか最後は長ドス片手になぐりこむという強引なお約束までありのサービスたっぷりの映画。

沢村忠もワンシーンだけ出てくるんだけど、このころはまだスターになりかけぐらいだったのかな。そんで、沢村忠のことを調べていたら『キックの鬼』『ばくはつ五郎』のあと番組だったというどーでもいいことを発見。『ばくはつ五郎』のテーマを今でも歌えることも発見。好きだったんだよね。最終回は泣いたんだよなあ。

『やくざ囃子』製作=東京映画/滝村プロダクション 配給=東宝1954
ぜんぜん期待してなかったんだけど、けっこうおもしろくて得した気分。主演は当時の大スター鶴田浩二なんだけど、それよりも脇役がいい。河津清三郎、田崎潤、田中春男という『次郎長三国志』シリーズのレギュラーメンバーなわけで、この映画は『次郎長三国志』の合間に撮られたということだからか呼吸もぴったりで、鶴田浩二がいないシーンでは『次郎長三国志』の番外編じゃないかと錯覚してしまうぐらいだった。

この頃の鶴田浩二がどれぐらいスターだったかを象徴するのが1953年の襲撃事件だ。その前年の1952年(昭和27年)秋、鶴田のマネージャー兼松廉吉は、田岡一雄がもちかけた美空ひばりと鶴田浩二で興行を打たないかという提案をはねつけていた。当時の田岡はひばりプロの副社長である。兼松にはその後も田岡に対して礼を失することがいくつかあったらしい。鶴田浩二はそれぐらいビッグだったのだ。

1953年(昭和28年)1月6日、旅館の部屋で高峰三枝子らと食事をとっていた鶴田浩二は四人組の襲撃を受ける。ウィスキー瓶とれんがで殴られ頭と手に11針の傷。暴漢と田岡との関係はすぐに割れ田岡は指名手配を受けるが、永田貞雄の裏工作によって自首が認められ証拠不十分で処分保留、釈放される。その後、兼松は永田の仲介で田岡にわびを入れ和解するが、のちに不審な自殺をとげている。

そんなこんなで、とちゅう何度か寝たりしたけど楽しい三本立てでした。でも、こわれたじじいというのはよく痰を吐きます。こわれたじじいというのはティッシュなんか持っていません。っていうか、ティッシュなんかじゃおさまらないくらい大量の痰を吐きます。床にはそーいうものが落ちています。気をつけてましょう。

(参考資料:猪野健治『三代目山口組 田岡一雄ノート』ちくま文庫2000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

いつかは来ない(4)

『男の勝負』東映1966

これは監督が中島貞夫で監修がマキノ雅弘というややこしい作品。主演は村田英雄と天地茂。

終戦後、ふたりで力を合わせ千日前の復興につとめてきたテキヤの村田英雄と天地茂が悪い奴の策略で対立することになる。天地茂がけんか場に向かう。そこで客席最前列から
「そんなけんか意味がないぞ!」
こわれてしまったらしいじじいが叫んでいるのだ。
じじいはさらに叫ぶ。
「けんかするんじゃねえ!」
さすが浅草名画座である。
とうぜん
「うるせい、静かにしろ!」
という罵声があちこちから飛ぶ。。
じじいにはそんな声が聞えるわけもなく、ふりしぼるような声で
「たのむからそんなけんかはやめてくれ~」
いやあ、たのしいなあ。

てな騒ぎもやがて収まるが、映画も終わりに近づくとまたひと盛り上がり。

これは高倉健と藤純子がゲストでちょっとだけ出演していて、本筋とはあまり関係ないんだけど健さんが長ドスもってのなぐりこみまであるという豪華な映画だ。その健さんが単身なぐりこむところでじじい復活である。

「健さん、いい男だねえ。でもおれは鶴田浩二が好きなんだよ。おれはきょう鶴田浩二を見にきたんだよ」

呪文のように「おれは鶴田浩二が好きなんだよ」を繰り返している。

鶴田浩二の『やくざ囃子』はこの次の次だ。じいさん、それまでもつんだろうかと思っていたら、この『男の勝負』の上映が終わるととなりに座っていた娘さんらしき女性にひっぱられて連れ出されてしまった。あのじいさんに、いつかまた鶴田浩二の映画を見る日は来るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

いつかは来ない(3)

「いつかは来ない」というのは、「いつか着るかもしれない服」とか「いつか読もうと思っている本」とかを処分しないかぎり家の中はかたづかないという整理のキーワードなんだけど、これは「とりあえず目先のことだけ考えよう」という考え方でもあるわけです。

抗がん剤の副作用で手足が不自由になってそれが少し回復してくるとまたダメージが来るということを繰り返していてほとんどひきこもり状態なんだけど、ちょっと調子がいいと発作的にどこかに出かけたりする。もう先週のはなしだけど浅草名画座でマキノ雅弘三本立てを見てきてしまった。

いまどきのこじゃれた映画館だと長時間いるとつらいけどこういうところだと途中で出入りしても、となりの椅子に足をかけて楽な姿勢をとって寝たりしてもぜんぜんOKなのでけっこう楽ではあります。

なんで浅草名画座かというと、新宿昭和館の思い出をつづった『名画座番外地』の川原テツが上映する映画の原稿を書いているというHPを見ていたら発作的に行きたくなってしまったのです。

入ったのは平日の昼すぎ。入場料はぴあ割引で900円(一般は1,200円)。客の入りは260席の一割ぐらい。あちこちからいびきが聞えている。昔と違ってさすがに場内禁煙は守られていて、みんなタバコは廊下で吸っている。場外のある日はきっと壊れかけた人が多くてまた雰囲気が違うんだろうけど、この平日の昼間にいるのは馬券を買おうという目的すらない、すでに壊れてしまった人ばかりだったような気もする。一本目の上映は9時40分からで一日をここで過ごそうという人も少なくないみたい。どう見てもおれが最年少だ。椅子は新しくなっていてけっこう座り心地はいい。

プログラムは
『男の勝負』東映1966
『ごろつき』東映1968
『やくざ囃子』製作:東京映画/滝村プロダクション、配給:東宝1954

名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 Book 名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記

著者:川原 テツ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

夏休みの日記(3)

きょうはめずらしく行動範囲がひろがってアクティブな一日だったので書くことがいっぱいあってうれしい。

渋谷シネクイントまで『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』をみにいきました。

昼12時半の回だからしょうがないのかもしれないけどお客さんがぜんぜん入ってないので悲しかった。227席もあるのにいたのは中高年の男女あわせて10人くらい。東京ドームや埼玉アリーナのストーンズ公演がいっぱいになるのと、こういう映画を公開するというのはぜんぜん関係ないんだなと思った。ちかくのシネマライズ『ハチミツとクローバー』にはすごい行列ができていた。みんな若いねーちゃんだった。

映画はつくりが中途半端なサイコホラーみたいで気持ち悪かったけど、ミック役とキース役がなんか雰囲気があってよかった。チャーリー役もよく見るとちょっと似ていたし、こういうほかのメンバーがでてくるシーンはけっこう楽しめたのでもっとみたかった。まだみんな生きているからいろいろとむずかしいこともあったのかな。

道玄坂の香月でラーメンを食べようと思ったらなくなっていたので、てきとうな店に入ったらすげーまずくて悲しかった。旭屋書店が消えていたのはもっと悲しかった。

入院中にみるDVDを仕込みに新宿ツタヤへ。ここは品ぞろえがかなりディープで楽しい。とくに邦画がすごいんだけど、そういうのはまだあまりDVDになっていない。

ふと格闘技のコーナーをみると昔のJWPのビデオが何本かあったので、なんかプラム麻里子の試合が見たくなって一本借りてしまった。帰ってきてみたらカメラワークが悪くてプラム麻里子がよくみえなくて悲しかった。でも、福岡晶はやっぱりかわいかったなあ。HDにとりこんでおこう。

なにやってんだ、おれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)