2007年9月27日 (木)

イソギンチャクの群れ

スポーツクラブでリハビリ開始しました。

ふつうに歩くのにはそれほど不自由はないんだけど、足の甲のあたりが動きにくくなっていて階段の上り下りなど上下の動きがけっこううっとおしい状態なので、とりあえずはバイクをゆっくりとやってみるともう10分で口がぱくぱくしてくる。ひとやすみしてからトレッドミルで足を持ち上げながらゆっくりと歩いてみるとこれも10分ぐらいでぱくぱく。汗をかく前にギブアップ。日中、ジムは基本的に空いていてお客さんの9割はおばさん。マシンのコーナーはがらがらだけど5台ある乗馬マシンは常に満杯、ブートキャンプ系のレッスンも増クラスを続けているらしい。

次はプールへ。プールは10×15メートルぐらい、深さも1.2メートルくらいで、よーするにしょぼいんだけど、リハビリにはちょうどいい。半分がウォーキング用に仕切られていて、ここにもやはりおばさんたちがうようよいる。3~5人で輪になって井戸端会議をしてるのが3組、ゆっくりとウォーキングしている。後ろ向きになっているおばさんもいるわけで当然のろい。移動してるんだかしてないんだかじっと観察していないと分からないぐらいのろい。イソギンチャクみたいである。近づくと怖そうなのもイソギンチャクみたいだ。係員のおにーちゃんもそんな怖そうなの相手に注意したりはしない。べつに危険なことしてるわけじゃないしな。

準備体操をするふりをしながらしばらく様子をうかがい、やがて意を決しておそるおそるイソギンチャクの集団と集団の間にすべりこむ。やはり水中は楽だ。さっきまで階段の上り下りでよろよろしてたのがうそみたいに体が軽い。おサカナになった私である。肩がまだ回らないというか腕が肩より上にいかないので、すいすい泳ぐというわけにはいかないんだけど、ちょっとけのびをしただけで体が進んでいく。もちろんイソギンチャクを刺激しないようにちょっと進むと手や足の運動をしたりして車間距離が縮まないようにする。イソギンチャクはちらっとこちらを見ただけですぐにおしゃべりに戻る。おれみたいなのはフナムシほどの存在でもないのだろう。

てなわけで、クマノミみたいになかよしになろうとも思わないけど、できるだけイソギンチャクを敵にまわさないように生きていこうと思うスポーツの秋でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

雨の水曜の午後

足腰の衰えはちょっとウォーキングしてるぐらいじゃなかなか回復しそうにないし、がい骨みたいになった右手や全身のリハビリにはちょっと気合いを入れて運動した方がいいだろうと近所のスポーツクラブに、とりあえず今日は見学に行ってきました。

午後三時ぐらいなら空いてていいかなと思って行きました。始めに外から様子を見ようとウィンドウ越しにしばらくのぞいていたんだけど、なんかガラガラでした。それから受付の方に向かったんだけど、おねーちゃんがあわてて「今日は閉館しました」というたて看板を持ってきて入り口の鍵を閉めてしまいました。館内の照明も落としてしまいました。

ここは以前はあんまり聞いたことのない名前のスポーツクラブで今年の二月に大手スポーツクラブとしてリニューアル・オープンしたんだけど、ぜんぜん会員が集まらないらしく従業員がしょっちゅう駅前でティッシュをくばってます。ひとりだって新会員を増やしたい時期なんだろうに、いきなり昼間から閉館にしてんじゃねーよ。チラシでもネットでも「見学いつでもOK!」ってうたってんじゃねーかよ。明日も行くから待ってろよ、東急スポーツオアシス十条。

きょうはもちろんサングラスは外していきました。ちょっとすっきりしていった方が好感度アップするかなと思ってまゆもきれいに剃っていきました。スポーツマンっぽく見えるようにあのTシャツも着ていきました。ちなみにこないだの写真ではスキンヘッドやサングラスよりもTシャツの評判がよかったです。これは入院中に弟が買ってきてくれRimg0074 たんだけど、背中がこんなふうになっていて、ナースからこれはどういうことか聞かれたら答えるのに困りそうなので病院では着ませんでした。

話は変わるけど、今日の『報道ステーション』は久々の大ニュースが入った日に古舘さんがいなくてどうなのかと思ったけど、はっきり言ってなんかすっきりしててすげえ見やすくてよかった。河野明子はスタジオの仕切りもいいし、中継先のうるさがたとのやりとりもしっかりしていたし、ずいぶん株を上げたんじゃないだろうか。明日の数字がちょっと楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)