« 四回目の命日 | トップページ | [mixi] 今日はみゅうさんのお誕生日です! »

2013年1月 6日 (日)

三浦真司最後の作品

みゅう弟です。

以前にもこちらに書きました。三浦真司最後の作品です。

兄貴が亡くなる1か月ちょっと前、最後の入院の少し前、僕らのライブで歌った5日後の2008年10月23日に書かれていた歌の歌詞。亡くなった後見つかりました。

三浦真司の最後の作品は映像ではなく歌の歌詞でした。それもたった三行の未完のもの。PCのデスクトップに<うた1.txt>というファイル名のテキストファイルが残されていました。このブログのサブタイトルにもした歌詞は↓の通り。

<うた1>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うたを書こうと思い始めたある日曜の午後に
何を書けばいいんだろう
自分が歩いてきたこの道を書くしかないんだね
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生きている間にこれをちゃんと曲として完成させてあげられればよかったのに...。
最後にそんな時間を作ってあげられればよかったのに...。

4年前この歌詞を見つけたとき、とても悔いたことを覚えています。この時、兄貴は自分の人生の終わりを感じながらもこの歌にどんなことを書き記そうと思っていたんだろうと、僕は悲しみにくれながら思いめぐらしていました。そして僕はこの歌詞の続きを書こう、曲として作り上げようと思いました。

しかし、なかなか取りかかることもできず、思いつくのは何だかもの悲しいものばかり。時間ばかりが過ぎていき一度はあきらめかけたこともありました。兄貴の友人ミュージシャンKNGさんに頼んだこともありました。

僕は兄貴が亡くなった後、兄貴と繋がりのあった方々と積極的にお会いするようにしていました。兄貴との繋がりが無くなってしまわないようにと思いながら、そして改めて繋ぎなおしていくために、兄貴の人生が皆さんの中で継続していくようにと。

そして最後に僕は家族を連れてフランスに行きました。兄貴の思い出の地、大好きだった場所と人たちに会いに。パリだけではなくミジーにも行くことができました。奇跡的な偶然や出会いによって導かれたようにたどり着いたフランスの田舎町ミジー。そこは兄貴が愛した場所そして大切な人々との思い出があり、心穏やかに過ごした場所でありました。ミジーにたどり着いた僕らは、その短い滞在時間の中で本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。

この曲をつくるにあたって、「メッセージ」と渡仏はとても大きな出来事。僕の人生を大きく変えたと共にこの曲を作るきっかけにもなり、曲の重要なコンセプトとなりました。帰国後すぐに曲を完成させることができました。兄貴が亡くなってから2年の月日が経っていました。

KNGさん、Nadjaの皆さん、パリのKさん、ミジーのIさん、そして兄貴と繋がりを持っていただいたすべての皆さん。この曲が完成できたのは皆さんのおかげだと思っております。どうもありがとうございました。

曲のタイトルは「Misy(ミジー)」

ライブでは歌ったことはあるのですが、やっと音源化したので「作品」として残すことができました。

三浦真司最後の作品です。歌も演奏もアマチュアのそれなのでお聞き苦しいところは多々ございますが、心を込めて作りました。ぜひ聴いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=8DnVMwnIWFc
↑ここをクリックしてください。YouTubeが立ち上がります。

追記
この「作品」を一緒に作ってくれた、心優しき二人のバンドメンバーそしていろんな無理を聞いてくれ、たくさんたくさん助けてくれたエンジニアのHさんにこの場を借りて心から感謝、御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

Misy
作詞:三浦真司、三浦二朗
作曲:三浦二朗
編曲:John G. Rose

歌を書こうと思い始めた ある日曜の午後に
何を書けばいいんだろう 何を書けばいいんだろう
自分が歩いてきたこの道を この道を書くしかないんだね

あなたが歩いてきた その道は
あなたと繋がる人の声 僕らもそうさ聞こえているよ

あなたの声が聞こえてくるよ 僕らの笑顔も見えているんだろう
みんなで歩いた川のほとりには 今でもあなたの時間が流れてる

Misyへ Misyへ

解けてしまったつながりもあるでしょう 繋ぎ止めたかった人もいるでしょう
今ある繋がりこそあなたが歩いた道 あなたが歌おうとしたのはその繋がり
僕らはじっと耳を澄ましてる 大切な声が聞こえるように

あなたは遠くを 吹いている風
僕にはとても手の届かない 彼方を自由に羽ばたいているように

あなたの声が聞こえてくるよ 僕らの笑顔も見えているんだろう
みんなで歩いた川のほとりには 今でもあなたの時間が流れてる

あなたの歩くこれからの道は 歩こうとしていたこれからの道は
僕らとともに優しく穏やかに 僕らとともに描いていくんだろう

Misyで Misyで Misyで

|

« 四回目の命日 | トップページ | [mixi] 今日はみゅうさんのお誕生日です! »

コメント

じろくん、聴かせていただきました。この曲を作るのは本当に時間がかかったと思う。良く、悲しみを穏やかな人生へと昇華できたなと感動しています。
また、僕は何も役には立っていないけれど、この曲や写真がまた新たに僕らの人生を励ましてくれることが本当に嬉しいです。

どうもありがとう。
みゅうさんはここにいるね。

投稿: KNG | 2013年1月13日 (日) 13時26分

KNGさん

聴いてくれてどうもありがとう。

この曲はやっぱり、あの日の夜、KNGさんといろんな話をしていなかったら生まれていなかったんじゃないかと思っています。

この曲を聴いて「穏やかな人生」を感じてくれのはとても嬉しいです。

そして「みゅうさんはここにいるね。」といのもなおさら嬉しい。

どうもありがとうございます。

じろ

投稿: みゅう弟 | 2013年1月13日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四回目の命日 | トップページ | [mixi] 今日はみゅうさんのお誕生日です! »