« 二回目の命日 | トップページ | 5年越しの御礼 »

2011年2月 7日 (月)

蒲田組の新年会

みゅう弟です。

 

先月の話ですが、兄貴が参加していたセッション・サークル「蒲田組の新年会」がありました。例年は<納会>として年末にセッションが行われるのですが、今回はスケジュールの都合上、年明けの<新年会>となりました。

 

参加者50名、演奏曲27曲、2回の休憩を挟んで約6時間の大セッション大会、吉祥寺にある老舗スタジオGOKでとりおこなわれました。

 

僕も2曲ギターを弾きました。もちろんギターは兄貴の「気絶ムス」!

 

 

504638_955527699_230large_3

 

 

聴かせどころあり、笑いどころあり、みんながみんな心ゆくまで音楽を楽しんでいます。ほんとに楽しかったなぁ。

 

 

楽しく楽しく過ごしながら、ぼんやりと兄貴のことを考えていると、主宰のKNGさん、

 「ひなさん(同じ蒲田組のメンバーで兄貴より少し前に亡くなられた方。兄貴もこのブログで追悼の言葉を捧げている)とみゅうさんも今も変わらず僕らの仲間だ!」と参加者みんなに語ってくれました。

 

とてもとても嬉しかった。

 

 

そしてもうひとつ。

 

自分の演奏が終わり控え室でギターを片付けていると、他の参加者の方が僕のところへ来てくれました。

 

「みゅうさんのギター持って来てくれてありがとう。」

 

その方は兄貴のことをいろいろと思い出してくれていたようで、蒲田組での兄貴の思い出をいろいろと僕に語ってくれました。

 

「みゅうさんって、本当に良い人だったんだよねぇ。」

 

その方の目には涙があふれていました。

 

 

僕は本当に嬉しかった。兄貴のことをそんな風に思い出してもらって凄くありがたい気持ちで一杯になった。今思い出しても涙が出そうになる。

 

 

KNGさんの変わることの無い彼の暖かい友情と、兄貴の思い出を語ってくれた方の屈託の無い優しさ、思いやりの深さに心の底から感謝した「蒲田組の新年会」でした。

 

 

こんな素晴らしい集い、きっとあの男も参加していたに違いない!

|

« 二回目の命日 | トップページ | 5年越しの御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二回目の命日 | トップページ | 5年越しの御礼 »