« 5年越しの御礼 | トップページ | 地震 »

2011年2月26日 (土)

食道がん ブログ 全摘出 手術

みゅう弟です。


先日、とあるところでお目にかかった方。食道がんに罹り、12年前に食道全摘出手術されたとのこと。御年63歳、今も現役でお仕事をされているそうだ。

言われて見れば確かにかなりやせておられる印象を受けるが、とても元気というかごくごく普通なたたずまい。そんな元気なお姿を拝見し、何だかとても嬉しくなってしまった。


食道がん。初期のほんの一部をのぞけばステージの高い低いに関わらず食道の全摘出手術が極めて一般的な基本形。年齢、体力、進行度合い個々の条件により、放射線治療、抗がん剤投与、放射線化学療法の選択が検討される。仮にこれらを選択した場合でも再発時は食道の全摘出手術を行わざるを得ないのが現状のようだ。

問題はその後。食道を摘出した後の再発だ。

この方の詳しい病状経緯は存じ上げないが、切った後がんが再発していない。それも12年間も。きっとこの方はもう完全に「治癒」したと言って良いのだろう。

兄貴のこのブログは、今でもコンスタントにアクセスされている。直近3ヶ月の平均でも20人/1日あたりのアクセスがある。多いときには100人以上のアクセスがある。

その多くの方がキーワード検索でやってきて、初めてこのブログをご覧になられると思われる。

「食道がん ブログ」
「食道全摘出」
「食道がん 病院」

このブログは、食道がん関連のブログでこのようなワード検索をするとGoogleなどでも比較的上のほうに表示される。おそらく食道がんに罹ってしまわれた方、そのご家族、知人、友人の方々が切羽詰った思い出で情報収集に奔走されているのだろう。兄貴もそうだったし、僕も何度こんな検索をしただろうか。

兄貴が生きていた時のこのブログの記事や内容、その他諸々の情報は、こういった方々に対してある意味、「希望」を与えるような内容、興味深い患者側の考え方などを提示していたと思うし、切羽詰まった方々に対して十分に意味のあるサイトであったのではないかと思っている。

しかしながら、今こういうアクセス状況を見ているとそうも言っていられないし、兄貴が亡くなった後のこのブログは意味合いが大きく変わってきてしまっていることを自覚せざるを得ない。今のこのブログの持っているメインの意味はやはり<三浦真司への追悼>だ。

兄貴の友人、知人達に向けて発している今のこの状態は、その機能をある程度全うしているとは思っているけれど、それ以外の方、「食道がん」検索をしてたどり着いてきていただける「切羽詰った」方々にとっては最初に持っていた「実体験に基づく食道がん情報」と「患者の希望」などを提供してはおらず、本来の意味とは別の機能が副次的に働いてしまっている感じだ。

「...結局は死んでしまったのか。」

「切羽詰った方々」に対し、こんな事実を突きつけてしまう。

事実は事実として変わり得ないのでしかたが無いことだけれども、これだけアクセスのあるこのブログを見ていただいている方々に対してはどうしても責任を感じてしまうのだ。極限状態に追い込まれている「切羽詰った方々」に対し、このブログはこのままで良いのだろうかと。

かと言って、「くさい物に蓋」的にこのブログを閉じて、人目に触れなくする気はさらさら無いし、更新する内容も兄貴の個人的な内容を中心にすることを変えようなどとは全く思ってはいない。

でも何かは...、とずっと思っている。

そんなことをおぼろげながら考えている折、前述の方にお会いした。

「あっ、そうか!食道がんって治るんだ!切っても再発しないで生きていくことが出来るんだ!」

兄貴の経験があまりにも大きく重く僕にのしかかっているので、逆にこの事実は僕にとっては鮮烈であったのだ。

せめてここを訪れていただいた方々に、

「いやいや、たまたま兄貴は死んじゃったけどさ、食道全摘しても大丈夫よ!そういう人だってたくさんいるからさ、安心してよ!」

って言える!そういう方にお会いした!!

そんな方をもうひと方、ここで紹介させてもらいたい。

彼女は殆ど兄貴と同じ様なタイミングで食道がんが見つかり、同じ様なステージからの治療開始、同じ様な治療、最終的には食道の全摘出手術と、兄貴と全く同じというわけではないが似たようなプロセスをふまれていらっしゃる。

決定的に違うのが、彼女は今元気にしていらっしゃること。お仕事をされて、旅行をされて、日常生活では多少の後遺症には苦慮されながらも日々の暮らしを送られ、人生を引続き一歩一歩踏みしめて生きていらっしゃる。

僕にとっては羨望のまとである。

もしこのブログにたどり着いて、この記事に目が止まられた「今大変な思いをされていらっしゃる方々」、ぜひ彼女のブログに目を通して欲しい。みなさまの「光」になることを願って止みません。

kuwachannの日記 - 食道癌治療・回復の記録
(闘病記を中心とした内容)
http://d.hatena.ne.jp/kuwachann/

kuwachann-2_0の日記
(日常生活を中心とした内容)
http://d.hatena.ne.jp/kuwachann-2_0/


>kuwachannさま
本ブログでの貴ブログ紹介の件、ご快諾いただき誠にありがとうございました。

|

« 5年越しの御礼 | トップページ | 地震 »

コメント

初めまして

kuwachannの記事を拝見して、久々にお邪魔致しました。

3年前に御兄上がご存命の時から、私のブログからリンクさせて頂いているのですが、今回記事でもご紹介させて頂きました。

取り急ぎ、お知らせまで。
失礼いたします。

投稿: 雄三 | 2011年2月28日 (月) 01時55分

>雄三さま

ご連絡ありがとうございます。私のつたない思いに呼応していただきありがとうございます。リンクして頂いているのも存じ上げておりました。こちらもありがとうございます。

「医療キュレーション」、とても興味深く読ませていただきました。ネット社会蔓延の中でこのような考え方が生まれてくるのは、ある意味自浄作用なのでしょうか。

我々身近で「あのような思い」をした者にしかできないような、取捨選択による情報提供ができるようになれれば、少しでも皆様のお力になれるかも知れませんね。

投稿: みゅう弟 | 2011年2月28日 (月) 22時21分

>「あっ、そうか!食道がんって治るんだ!切っても再発しないで生きていくことが出来るんだ!」

>兄貴の経験があまりにも大きく重く僕にのしかかっているので、逆にこの事実は僕にとっては鮮烈であったのだ。

元気である自分にすっかり慣れてしまった私には、ミュウ弟さんのその覚醒が鮮烈です。

単に生かされている身ですが、こんな形で少しでもお役にたてるのならば、まだ暫くは生き恥をさらして行きますね。

投稿: kuwachann | 2011年3月 1日 (火) 14時41分

kuwachannさま

コメントありがとうございます。


食道がんのことがご自分の意識からだんだん薄れっていっているなんて、これもまた凄い!

やはり肉体の進行と精神の進行は同期しているのですね。


>生き...

なんて!

どうぞこれまでと同じように美しく生きていってください。

いろいろとありがとうございます。

投稿: みゅう弟 | 2011年3月 6日 (日) 00時16分

このブログを読むと、三浦くんが最後まで高い生活の質(Quality of life)を保って闘病していたことが実感できるので、それは別な意味でとても貴重なメッセージを与えていると思います。

また、残念ながら亡くなってしまっても、ずっと家族や友人は覚えているし、偲んでいるってこともこのブログからよくわかりますからね。

投稿: むしゃ | 2011年3月 6日 (日) 11時15分

むしゃさま

コメント頂きありがとうございます。


>それは別な意味でとても貴重なメッセージを与えていると思います。

こんな風にこのブログを読み解いて頂けるなんてとても嬉しいことです。

どうしても僕などは近視眼的になってしまうので、このような解釈はとても新鮮であり驚きでもあります。


どうもありがとうございました。

投稿: みゅう弟 | 2011年3月10日 (木) 00時33分

初めまして。今年1月に食道癌の全摘出手術を受けました。昨年10月に告知を受け手術までの三ヶ月を三浦真司さんのブログが大変参考になり感謝しております。又偶然にも私も虎ノ門病院で誠意ある先生方に執刀して頂ました。お兄様の心はこのサイトをご覧になられた方の助けになり時を超えて何時までも生き続けていらっしゃると思います。このサイトを続けて下さいまして本当に有難うございます。

投稿: 境朋子 | 2011年7月12日 (火) 22時53分

>境朋子さま

はじめまして、みゅう弟です。


コメントありがとうございました。


本サイトご覧になって頂きありがとうございます。兄貴の経験が境朋子さんの闘病に何らかの形でもお役に立てたことは大変うれしく思っております。

これもまた嬉しい話ですが、あそこの病院のスタッフの皆さんなら本当に安心してお任せすることができると確信しています。

1月に手術というとちょうど半年くらい。体重もだいぶ落ちてきてしまう頃でしょうか。そんな最中この猛暑はかなり大変なことかとお察しいたします。熱中症にはくれぐれもお気をつけて、この夏を乗り切ってください。

投稿: みゅう弟 | 2011年7月18日 (月) 11時02分


こんばんは

私も食道がんの全摘出手術を受け3年7ヶ月になります。4月で60歳になりました。日々心配で生活をしている事を誰もしらないと思っています。日々忙しく動きまわっていますからー今は、岩盤浴に行っています。それから家で押し花を教えれいますのでーでもつらいですね?いつ身体がしんどくなるかわからないからです。

投稿: 谷口 啓子 | 2011年7月21日 (木) 22時18分

>谷口 啓子さま

コメントどうもありがとうございました。

3年7カ月なんてすごいですね。それでも心配が消えることがないというのはやはりこの病気の特性なのかと。

でもそんなことすら周りの人たちが気付かないほどお元気に過ごされているということなんでしょうね。

きっとこのまま杞憂で終わってしまうことを祈っております。

投稿: みゅう弟 | 2011年7月24日 (日) 22時29分

ほんの小さいことかもしれませんが、「自分の声を残す」という取り組みを通じて、元気だったり、希望だったりを少しでも与えることができればと考えております。
少しでも参考になり、お役に立つことができれば嬉しく思います。

投稿: 自分の声を残す会 | 2011年9月19日 (月) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年越しの御礼 | トップページ | 地震 »