« 三浦真司の仕事 3 | トップページ | 三浦真司の仕事 番外編 »

2009年9月21日 (月)

行けなかったLive 番外編

みゅう弟です。

腸閉塞で入院していたので行けませんでした。

<立川談春独演会>
2008年1月11日(金)銀座ブロッサム

一人で行こうと思ってチケットを取っていたようです。今改めて日付を見ると、この頃こういうのに一人で行けるぐらいまだまだ元気だんったんだなぁ、と変な感心をしてしまいます。

僕がチケットをもらい代わりに見てきました。僕は談春の高座を見るのは初めて。演目は「子別れ(上・中・下)」でした 。談春落語の真骨頂である人情話の大定番に、会場では涙を拭う姿も多数見られました。

「どうだった?」

翌日、病院に行くと真っ先に聞かれました。感動的だったこと、でかい会場で驚いたこと、それが満席で驚いたこと、若い人が多かったこと、談春は凄いということなど、昨夜の感想を話すと、兄貴は妙に嬉しそうに僕の話しを聞いていました。

その時とても穏やかな顔をしていたのがすごく印象的で、その日の事を良く覚えています。


Photo_2

|

« 三浦真司の仕事 3 | トップページ | 三浦真司の仕事 番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三浦真司の仕事 3 | トップページ | 三浦真司の仕事 番外編 »