« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

Toys

みゅう弟です。

入院中こんなことをしていました。高価で難しいおもちゃです。

081116_180301

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

30日

みゅう弟です。

最後の入院をする少し前に兄貴が気がついた事がありました。

「毎月30日に何か起きる!」

何かと聞いてみると、ここ数ヶ月毎月30日に入退院をしている、というのです。で、実際に調べてみると。

6/30 入院
7/30 退院

8/30 入院
9/23 退院

9/30 入院
10/22退院

最後の退院をした後、次の外来受診が10月30日の予定でした。徐々に調子が悪くなってきて「30日の外来でそのまま入院かぁー!?」などと冗談めいて笑っていました。

実際には30日を待たず、29日に入院。26日から急激に痛みがひどくなったのですが、どうにか「30日越え」を目指していたこともあり、兄貴はなかなか病院に連絡しませんでした。しかし29日には限界を越えてしまい、病院に連絡、3時間後には病院のベッドにいました。

この「3時間後には病院のベッド」というのはとてもすごい事なのです。これに関してはまた別の記事で。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

49日

最近更新をサボっているみゅう弟です。

先日1月17日に四十九日の法要、納骨を執り行いました。寒かったけど天気の良い日で何よりでした。


我が家には散骨用のお骨が残っています。早くまきに行きたいと思っています。


090122_230901

| | コメント (2)

2009年1月 9日 (金)

Oさん

みゅう弟です。



12月いっぱいで赤羽の家を整理しました。



この赤羽の家を借りることができたのは、ある不動産屋さんのおかげです。ここでの暮らしはほんの短い間でしたが、ここに引っ越せたことは兄貴にとって重要なことだったと思います。



この不動産屋さん、Oさんは、十条の家の大家さんで、フランスから帰ってきてからずっとお世話になっており、がんになってからも何かと心配をしていただいておりました。


08年7月ごろから薬の副作用で不安に苛まれるようになって、狭い部屋はその不安を冗長する要素のひとつでした。そして広ければ付き添いで同じ部屋に寝泊りもできる、ということで十条よりも広い部屋が早急に必要でした。兄貴は諸々の状況を全てお話しし部屋を探してもらいました。

普通であれば、無職で末期がんの中年のおっさんに家を貸してくれるはずもありません。ましてや余命宣告をされていて何時までそこに住めるか分からない状態です。


Oさんは何も言わず兄貴と契約してくれました。契約書に記載されている「最低契約期間2年」という条件について聞くと、「ああ、それは書いてあるだけ。気にしないで。仮に途中で解約になっても何にも要らないから。」と言ってくれました。


それだけではありません。兄貴をサポートするために同じマンションにもう一部屋お借りしました。この部屋の賃貸条件も最初に借りた部屋と同じにしてくれたのです。


契約条件を記した書面は通常の契約書のみ。特別な条件を記したものは何もありません。僕らはOさんの言葉と眼差しだけを信じることにしました。


兄貴が亡くなったことを伝えに行くと、何も言わず解約の処理をしてくれました。2部屋とも本当に「何も要らない」解約でした。最後に鍵を返しに行ったときはお香典まで用意してくれていました。


Oさん、本当にどうもありがとう。あなたのおかげでどれだけ兄貴の最後の時間が安心できるものとなり、我々家族がストレスなく兄貴のサポートをできる環境が与えられたことか。



心より感謝いたします。

| | コメント (3)

2009年1月 3日 (土)

行けたLive 1

みゅう弟です。

2007年12月11日 新宿FACEにて Char Meeting 2007


Char Mobileサイト会員限定のファン・イベントでした。


前半は質問タイムやChar私物オークションなど、後半はBAHOのライブ。4時間ぐらいのイベントで兄貴はヘロヘロでしたが、「前半はいらねーなー。」と文句を言いながら一人で電車で十条に帰って行きました。まだまだ元気な頃でした。

081230_char_meeting









写真は今年のイベント告知画面

090122_234401

当日の座席指定券がでてきました。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

石垣島へ

みゅう弟です。

兄貴が亡くなった1年前、2007年11月30日12月2日に僕の家族と兄貴で石垣島に行きました。

これはもともと、HEATWAVEの山口洋さんのソロ・ライブ・ツアーのファイナルが石垣島のすけあくろというライブハウスで行われることを知り、「ライブを見に石垣に行く」というまったくもって無謀な僕の企画から始まったことでした。

071203_18500001







はじめは自分ひとりで行くつもりでしたが、ふと兄貴を誘ってみようと思い声を掛けました。話はとんとん拍子に進み、結局僕の家族と兄貴の4人で石垣島へ「ライブを見に」行くことになりました。兄貴と一緒に旅行に行くなんてそれまででは全く考えられない話でしたがすんなりと実現し、この旅行がこの後の石垣島長期滞在やカンヌ行きにつながる重要なきっかけとなったと僕は思っています。

(この旅行決定までのプロセスは今考えてみても本当にありえない偶然の積み重ねで、いまだに信じ難い感じです。この話はまたいずれ自分のブログで書こうと思っています。)

071201_



 




この時は竹富島で自転車に乗れるくらい元気でした。

 

071202_

 







この旅は本当に楽しかったようで、「病気になってから一番楽しかった。」と帰ってから“兄貴らしくない”メールをくれました。





| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »